滋賀県旅館ホテル生活衛生同業組合について

組合の概要

 滋賀県旅館ホテル生活衛生同業組合は、旅館業について衛生施設の改善向上、経営の健全化、振興等を通じて、その衛生水準の維持向上を図り、あわせて利用者又は消費者の利益の擁護に資するため、自主的活動を促進するとともに過度の競争がある場合における料金等の規制、営業の振興の計画的推進等の措置を講じ、もって公衆衛生の向上及び増進に資し、並びに国民生活の安定、観光立国の実現推進に寄与することを目的としています。

理事長挨拶

 令和元年度は、滋賀県旅館ホテル生活衛生同業組合の設立60周年節目の年となりました。5月21日に開催の通常総会に於いては、当組合60年の歩みを映像にまとめさせて頂き、様々な懐かしい活動を映像で拝見させていただく中で、歴史を振り返ることができました。
 今回の60年という節目の年を迎えるにあたり「観光立国の実現と推進」を定款に追記変更させて頂きました。2020東京オリンピック、パラリンピックをはじまりに、滋賀県での育樹祭、2024年国民体育大会の滋賀県開催、2025年の大阪万博等、様々なスポーツ大会イベントが予定されており、しっかりとした受け入れ態勢の整備と当組合の更なる連携強化により観光立国の実現に向けての準備が必要とされております。

 そのような中で、記念事業として産学連携による「滋賀のお土産を考える事業」を実施させていただき、滋賀短期大学校の事業支援を行なう中で、広く活動を発信し当組合の認知を高め、地域の住民にとって誇りと愛着の持てるお土産を作る事を目的とし共同で取り組んで参りました。生徒の皆さんからの案出し、コンセプト作り、試作、当組合役員による試食、評価を繰り返し行い、令和2年2月の第二回例会に於いて本事業で絶大なご協力を頂きました、滋賀県菓子工業組合様、滋賀短期大学校の生徒の皆様、大学教授を招いての完成品の発表会を開催させて頂き、内外から評価の声を頂いたところでございます。
 滋賀らしいお土産ということで丁稚ようかんにエディブルフラワーを添えた鮮やかな菓子が完成し、今後、商品化実現に向けた検討をして参りたいと存じます。

 各委員会活動としては、宿泊プラン委員会で2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」放送に伴い、滋賀県観光キャンペーン「戦国ワンダーランド滋賀・びわ湖」の県内各地でイベントが実施されるのに合わせ、戦国の舞台となる御城印手形付の宿泊プラン造成に尽力をして頂き、共通プランとして各宿にご案内をし、多くの宿に参画を頂きました。
 又、総務委員会では、反社会勢力に該当しない確約を表明する入会誓約書の作成、組合員、役員資格について反社会勢力の介入を事前に予防することが出来る定款の改定に向けての協議を頂いております。
 研修委員会では、二度の例会開催時に生衛業振興事業の後継者資質向上研修として「旅館業における外国人雇用の基礎知識」、「宿泊施設におけるモンスター・クレーマーの対処法」についての講演を準備頂きました。それぞれの委員会で積極的活動を頂きました。

 又、兼ねてよりの懸案事項でありました生衛会館の老朽化による事務所問題でございますが、2019年12月に移転が完了し、新しい年を新事務所で迎えることが出来ました。

 直近の大きな課題として、2020年1月下旬より世界的に感染拡大しました新型コロナウイルス問題は、これまでに経験したことのない急激な経営環境の悪化をもたらしており、今なお続くキャンセル、自粛による宿泊、飲食控えは宿泊業界への影響は多大であり、事態の長期化に自力で対応するには、厳しいと言わざるをえません。当組合としましても、引き続き、国・県・各市町への様々な対策要望を続け、セーフティーネットの拡充に尽力してまいる所存にございます。
 今後も、組合員の皆様に情報をお伝えし、より良い活動を続けて行きたいと存じます。平成元年度も一年間、組合員皆様のご理解とご協力を賜り、誠に有難うございました。

 以上、令和元年度の事業報告とさせて頂きます。

理事長 前川 為夫

組合データ

正式名称 滋賀県旅館ホテル生活衛生同業組合
代表者 前川 為夫
設立年月日 昭和34年 7月 8日
組合員総数 組合員総数178 (令和2年5月現在)
所在地 〒520-0806
滋賀県大津市打出浜13-22-202
アクセス JR東海道線 膳所駅下車徒歩11分
京阪石山坂本線 石場駅下車徒歩4分
滋賀県旅館ホテル生活衛生同業組合

地図拡大

組合の歴史

昭和34年(1959年)に設立された当組合は、2019年に設立60周年を迎えました。
これまでの当組合や全旅連の取り組みのほか、社会の動きをまとめましたのでご覧ください。

組合の歴史

ページトップ